アコードユーロR ヘッドライトコーティングで美観と安全性を確保。

 洗車をして汚れは落ちているのに、どうしても綺麗に見えない…。

 よく見ると、ヘッドライトが黄ばんでいたり曇っていたりしてハッキリしな
 い。フロントマスクは、お車にとって大切な「顔」。その中でもヘッドライト
 はお車の個性を印象づける重要なパーツです。



 ヘッドライトが黄ばんでしまう主な原因は、紫外線を始め傷や熱などに
 よる劣化です。ほとんどのお車は、ポリカーボネートという素材で出来て
 おり、そこにコーティング加工が施されています。

 しかし、素材を守っていてもコーティング自体が年月の経過でダメージを
 受けてしまうので劣化は避けられません。

 一番はヘッドライトを交換してしまうのが理想ですが、車種によっては何
 十万もして現実はなかなか手が出せません。また、最近ではカーショップ
 などでもヘッドライトを復元する商品がございますが、短期間で戻ってし
 まい、自分でやっても上手くいかないケースもございます。

 そこで、当店では培った知識や経験からヘッドライトコーティングを施せ
 ばまるで新品のように復元します。

 黄ばみなどが戻ってしまう原因は、劣化している部分を完全に除去して
 いないからです。



 まずは、ペーパーサンディングにより粗い番手から細かい番手まで、工
 程を重ねて劣化部分をしっかりと除去していきます。この工程は、耐久
 性や仕上がりに左右されますので重要な部分でもあります。

 劣化部分を除去した後、コーティングの飛散防止を兼ねてマスキングを
 施しヘッドライトコーティングの工程へ移ります。



 専用のコーティング剤をスプレーガンにて吹き付けし幾度と塗り重ねて
 いきます。耐久性がありヘッドライトの素材との密着性もよく、保管状況
 により変わりますが約3年の耐久性がございます。