BMW S1000RR ボディコーティング!!

今回はオートバイのコーティングのご紹介です。
以前からお車やバイクなど数台施工させていただいておりますお客様からのご依頼でお預かりしました「BMW S1000RR」。
 
2009年の初登場により、スーパースポーツに革命をもたらしたS 1000 RR。
再び同じ偉業に挑むためにS 1000 RRを完全リニューアル。BMW MotorradのエンジニアがS 1000 RRのテクノロジー、デザイン、付属品を全面的に刷新。その結果、原型をとどめながらも新たなスーパースポーツマシンとして生まれ変わりました。

P11707547.jpg

クルマと同様に外気をシャットアウトした密室空間で洗車からコーティング完成までを行います。微かなキズも浮かび上がらせる特殊照明の下、専用ポリッシャーで下地を磨き整え、細かなパーツは手磨きで丁寧に仕上げて行きます。

P11707372.jpg

P11707333.jpg

P11707291.jpg

塗装面は自動車同様、新車であっても拭きキズなどのダメージで曇りや本来の美しい発色ではない場合が多い為、ポリッシャーとコンパウンドを使用し、ラインオフコンディションへ磨き上げます。メッキや無塗装金属面は、専用コンパウンドなどで、丁寧に細部に至るまで研磨処理で輝きを与えて行きます。

P11707455.jpg

P11707486.jpg

P11707424.jpg

コーティング塗布は、エンジンやフレーム、ホイールなどの手塗りでは届かない入り組んだ奥まで均一なコーティングを施すため、スプレーガンでコート剤を吹き付けて行きます。

P117076411.jpg

保護膜の完全乾燥は欠かせません。アペックスでは、「コーティング完全乾燥ブース」の28基による赤外線ヒーターの照射とバーナーによる熱風で完全乾燥させます。
コーティングの早期乾燥は、輝きや光沢の質感が増すことはもちろんの事、お渡し直後に雨に濡れても、乾燥不足による水ジミの発生を防止します


P11707568.jpg

P11707579.jpg

P117076010.jpg

自動車同様にアペックス定期メンテナンスシステムをご利用頂くことで、日頃のお手入れの手間をはぶき、長期にわたる美しい愛車を楽しめます。


お問合せ
 アペックス
 栃木県宇都宮市下川俣町206-64
 028-661-6000
 
www.apecs-co.com

こちらでも、アペックスの日常をシェアしています。
 ☆instagram
 ☆Twitter
 ☆Facebook


-----------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ : ボディーコーティング - ジャンル : 車・バイク

 

MINI 拘りの下地作りでコーティングの効果を最大限に発揮。

MINIクラブマンからの代替えで、納車前に綺麗にしてほしいと、ディーラー様よりお持ち込みいただきました。

P1180138-1.jpg

今回は、MINIの3ドア仕様でボディカラーも濃色から色鮮やかなブレイジングレッドメタリックへとなり気持ちも高まります。新車ではありますが、ボディの状態を照明を当てて確認してみると線キズなどが各パネルに見受けられました。もちろん本国の生産工場から海を渡り日本へ届くまでには様々な人たちが関わるので、慎重に扱っては入るもののボディなどに触れないわけにもいかないので仕方がないのです。

P1180076-2.jpg

P1180081-3.jpg

アペックスでは新車でもダメージを受けているかもしれないと、念入りに確認しながら作業を進めていきます。線キズなどのダメージは、新車で塗装の状態が良いのでむやみやたらに磨くのではなく塗装に負担をかけないように配慮し、必要最小限にまとめ塗装本来の輝きへと導きコーティングの密着性を高め仕上げることを心がけております。

P1180091-4.jpg

P1180078-5.jpg

ボディを磨いて下地作りをしなくてもコーティングは塗ることは可能ですが、ボディに付着した油分や異物などによりコーティング効果は半減してしまいます。また、1台1台状態も異なりお車の美観にも影響があるので徹底した下地作りはアペックスの拘りの要でもあります。その違いは画像を見ていただければ一目瞭然かと思います。

P1180077-6.jpg

P1180087-7.jpg

最適な下地作りを終え、外的要因からボディを守るためコーティングを塗布していきます。MINIクラブマンと同じ親水タイプのスーパーハイドログラスを施工させていただきました。スプレーガンで塗装するかのように塗布するため、ボディの隙間やドアの入り組んだ内側など手塗りでは難しい箇所までコーティングが行き渡ります。また、硬質な艶感はまるでクリスタルかのようです。

P1180117-8.jpg

P1180114-9.jpg

コーティング後は、アペックス独自に考案し特許も取得済みのヒーティングブースでゆっくりとじっくりと完全乾燥させ、さらに輝きを高めると同時にコーティングの効果も発揮致します。

P1180160-10.jpg

さらに、MINIには欠かせない未塗装の樹脂の劣化防止や汚れの付着防止など綺麗を維持する樹脂モールコーティングでしっかりと保護します。

P1180120-11.jpg

赤と黒のコンストラストがハッキリとし、ボディラインを強調しお車全体が引き締まりました。メタリックの粒子も際立ち、照明の写り込みは芸術品と変わっていきます。

P1180140-13.jpg

P1180142-14.jpg

P1180147-15.jpg

P1180158-16.jpg

お車にコーティングをする上で、最も重要なのがボディに合った最適な下地作りです。そこを怠れば、綺麗を維持することは難しいのではないのでしょうか。もちろんコーティングの効果やコーティング後のメンテナンスも重要で必要不可欠な項目でしょう。お車も時代と共に進化し、塗装の性質なども変化していきます。情報収集しながら知識や技術を高め、より良いモノをお客様に提供し満足していただければ幸いです。


お問合せ
 アペックス
 栃木県宇都宮市下川俣町206-64
 028-661-6000
 
www.apecs-co.com

こちらでも、アペックスの日常をシェアしています。
 ☆instagram
 ☆Twitter
 ☆Facebook



――――――――――

テーマ : ボディーコーティング - ジャンル : 車・バイク

tag : 栃木県 宇都宮市 アペックス 磨き ボディコーティング コーティング 効果 MINI レッドメタリック ボディ

 

MINIクロスオーバー 納車前のボディコーティングで気持ちの良いスタートを。



①

日本中が、上野動物園の「シャンシャン」で賑わっている最中、アペックスにもシャンシャンに負けないくらい可愛らしいパンダカラーのMINI COOPER D CROSSOVERがやってきました。

見た目とは裏腹にディーゼルエンジンの力強い走りで、険しい道での運転も大変心強そうです。

②

③

④

ディーラーより新車のご入庫でしたが、ボディにはなかなかのダメージが。
輸入車ではよくある事、と流されがちですが折角の新車、当然綺麗な状態からスタートを切りたいですよね。

5-0

⑤

⑥

⑦

⑧

施工ブースの特殊照明を駆使し、しっかりダメージを把握していきます。
その上で有限である塗装面をなるべく負担のかからないよう磨きを入れ、本来の姿に仕上げていきます。

⑨

⑩

P1270461-1.jpg

⑫

「新車は綺麗で当たり前。」アペックスではその当たり前をしっかりと作り出し、オーナー様と愛車の大切なスタートをサポート致します。輝く愛車を目にしたオーナー様の瞳もまた、愛車のように輝いてくださっていたら幸いです。


お問合せ
 アペックス
 栃木県宇都宮市下川俣町206-64
 028-661-6000
 
www.apecs-co.com

こちらでも、アペックスの日常をシェアしています。
 instagram
 ☆
Twitter
 ☆
Facebook


テーマ : ボディーコーティング - ジャンル : 車・バイク

tag : 栃木県 宇都宮市 アペックス コーティング ボディコーティング 樹脂モールコーティング MINIクロスオーバー綺麗 F60 ディーゼル

 

フィアット500C ダメージが目立ちにくい淡色車でもコーティングでリフレッシュ

今回、再施工で入庫いただきました「フィアット500C」。ブルーヴォラーレという鮮やかで爽やかなボディカラーが目を惹きます。

P1170838-1.jpg

ボディカラーには大きく分けて、色合いは様々ですがホワイトやシルバーなどの淡色系とブラックやブルーなどの濃色系の2種類ございます。淡色系は傷やシミなどが目立たなくお手入れはしやすいですが、水垢などの汚れが目立ちます。濃色系は傷やシミが目立ち艶感も引けて見えお手入れが難しいです。また、夏場などではお車の表面温度が淡色に比べて濃色は20度ぐらいの違いが出ます。やはり、濃色の方がダメージを受けやすいので再施工なども早めに行う方もいらっしゃいますが、実は淡色も見えにくいだけで濃色と同じように洗車キズや侵食ジミ、水垢やスケールなどの固着物などダメージを受けているのです。

P1170826-2.jpg

P1170824-3.jpg

P1170816-4.jpg

水垢やスケールなどの汚れや固着物は、洗浄の段階で塗装面にダメージを与えないように専用のケミカルで汚れなどを浮かしながら除去していきます。洗浄では取りきれない塗装面に入り込んだ侵食ジミや、年月の経過で徐々に入ってしまった洗車キズなどは研磨して除去していきます。シミや傷には浅いものや深いものと様々な状態が入り組んでいますにで、こちらも洗浄剤同様に塗装面に負担をかけないように、最小限に削ることを抑えつつ美観とコーティングをする上で必要な塗装の再生を行い仕上げていきます。

P1170833-5.jpg

P1170834-6.jpg

ダメージによりボヤッとしていた塗装面もボディラインを強調し平滑になり、徐々に蓄積した汚れもスッキリと新車のようです。

P1170827-7.jpg

P1170831-8.jpg

P1170819-9.jpg

適切な下地作りとコーティングにより、淡色車でも照明の写り込みが鮮明になり艶やかな上品さとソフトトップとの色合いの相性も素敵な仕上がりとなりました。

P1170839-10.jpg

P1170841-11.jpg

P1170843-12.jpg

P1170851-13.jpg

P1170853-14.jpg

P1170837-15.jpg

淡色車は綺麗に見えていても、ダメージは受けていますしコーティング自体も徐々に劣化して効果も薄れてきます。洗車していて水切れが悪くなってきたり、水垢が落ちにくいと感じてきたら再施工のサインかもしれません。そのような時は一度、大切な愛車をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。


お問合せ
 アペックス
 栃木県宇都宮市下川俣町206-64
 028-661-6000
 
www.apecs-co.com

こちらでも、アペックスの日常をシェアしています。
 
instagram
 ☆
Twitter
 ☆
Facebook




テーマ : ボディーコーティング - ジャンル : 車・バイク

tag : 栃木県 宇都宮市 アペックス ガラスコーティング フィアット500C ブルーヴォラーレ きれいに維持 スタッフ野中

 

VWシロッコ ボディコーティング 『 愛車の本来の輝き知っていますか?』

こんにちは、栃木県アペックスです。

中古でご購入しこれまで乗られてきたフォルクスワーゲン シロッコ
経年劣化によるダメージで元々の艶も引け気味になり、今回リフレッシュにとご依頼いただきました。

①

②

発色の良いグリーンカラーは写真でこそ写りませんでしたが、特殊照明の下肉眼ではしっかりと洗車キズなどのダメージが確認できました。

輸入車の塗装は国産車と比べかなり硬く、程度にもよりますがキズは簡単には取れず、適切な機材とコンパウンドで1パネルずつしっかりと磨き上げていく必要があります。

③

④

⑤

なかでも分かりやすいところといえば、こちらのピアノブラック(黒いピラー部分)。艶ありで高級感もある分、自然と目が行きキズも目立ちます。キズを除去しツヤツヤな姿は引き締まった印象に。

⑥

リフレッシュした塗面に撥水タイプのコーティングを。高膜厚で手触りもツルツル。見た目のツヤや輝きもさらに上がります。

⑦

⑧

⑨

日々ダメージを蓄積している大切な愛車を労うように、リフレッシュと今後の快適なカーライフにボディコーティングはいかがでしょうか。コーティング専門店ならではの技術と設備でご来店お待ちしております。


お問合せ
 アペックス
 栃木県宇都宮市下川俣町206-64
 028-661-6000
 
www.apecs-co.com

こちらでも、アペックスの日常をシェアしています。
 
instagram
 ☆
Twitter
 ☆
Facebook

テーマ : ボディーコーティング - ジャンル : 車・バイク

tag : 栃木県 宇都宮市 アペックス コーティング シロッコ グリーンメタ きれいに維持 ピアノブラック 埼玉県 磨き