良いシャンプー液の作り方

 暖かくなってきましたね。この時期の洗車は花粉の汚れが酷い為、シャ
 ンプーを使用しての洗車がオススメです。

 シャンプーを使う事で汚れ落ちが良くなり、塗装面との摩擦も軽減して
 くれるので洗車キズも減らせます。

 そこで、以外と知られていない、良いシャンプー液の作り方。よく耳にす
 るのは、まずシャンプー原液を入れて、その後勢いよくシャワーで泡立
 てて・・という方法。

 モコモコ泡がたくさんできて見栄えは良いのですが、正しく希釈されたか
 分かり難い上に、底に少し水が溜まっている程度の水分量が少ない泡
 だけシャンプー液になりがちです。

P1330473.jpg

 泡も大切ですが、「たっぷりの水分」洗う上でこれがとても重要です。ま
 ずはバケツに作るシャンプー液の8分目程度まで水を入れます。それか
 らシャンプー原液を入れます。

 そして残りの水を勢いよく入れてよく泡立てます。こうする事で正しい希
 釈倍率で泡と水分たっぷりのシャンプーが出来上がります。希釈倍率
 は洗浄力と濯いだ時の水切れの良さがバランスした倍率。おおよそ守っ
 ての希釈が良いです。

 洗う時はスポンジなどにこれでもか!という位たっぷりのシャンプー液を
 含ませて泡を付けて洗いましょう。

 良い洗車は良いシャンプーから。ご参考にして下さい。(スタッフ稲葉


 お問い合わせ
 アペックス
 栃木県宇都宮市下川俣町206-64
 028-661-6000
 www.apecs-co.com
スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

tag : 栃木県 宇都宮市 アペックス ガラスコーティング ボディコーティング ウィンドフィルム 磨き スタッフ稲葉

 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する